HOME>注目記事>デスク導入するにもリーズナブルで使い勝手がポイント

グレードを下げてみる

ガッツポーズ

規模問わず、オフィスデザインを専門業者に依頼すれば、家具に関しても予算内で購入、設置などまで担ってくれることもあります。事務職では必ずや設置しなければならないのは事務机ですが、複数台を導入するならば、予算内に納まらない可能性もなきにしもあらず、それならばグレードを下げましょう。事務机は、機能性やデザイン性が高いもの、デザイナーズブランド(メーカー)ものは割高で、シンプルな平机ならば1台あたり5000円が相場です。ちなみに、お客様を招く応接室には十分な品質、価格のオフィス家具を配置しましょう。インテリア家具までも取り扱う専門店では、オシャレで作業効率のよい事務机であることが評価されています。また、オフィス家具専門の中古品ならば、相場よりはるかにリーズナブルですが、いかんせん、使い古しであるためにアウトレット品、保障内容で選ぶのがいいでしょう。

タイプを知ろう

オフィス

長期的に使用するため、実際に使う事務員の満足度であったり、オフィス全体の雰囲気にも関わりますから、ただ安いだけでオフィス家具を導入することは避けましょう。事務机とはいっても、作業スペースが広いタイプから、書類やファイルなどの収納機能があるタイプ、オフィスの規模に合わせられるコンパクトなサイズなど、多くの種類と特徴があります。例えば、オフィススペースの広さを確認してみましょう。部外者が近くを通ることがあれば、情報漏洩や仕事に集中できなくなる可能性もなきにしもあらず、そのためにも平机でなく、前と横に壁(パーテーション)が付けられるタイプを選びましょう。

作業効率で選ぶ

オフィス

事務机を選ぶ上で重要なのは、使い勝手でしょう。もちろん、オフィスデザインも考慮した色もポイントです。事務職であれば、清潔感あるホワイトカラーデスクが理想的ですし、書類などが多いため、収納機能や作業スペースがしっかり確保できる事務机を選びましょう。選べる種類となるのは、両袖机や片袖机でしょう。このタイプは片側あるいは両側に引き出しが付いているのが特徴で、キャビネットをわざわざ購入する必要がありません。さらに、引き出しに施錠が付いているものを選べば、安全性能、機密事項の多い書類を収納するのにも安心できます。